クレマチスの2番花が開花

今季ついにクレマチスを育て始めました。前から気になっていた花ですが、難しいバーチャルがきつく敬遠していました。アパートの淑女に淑女の日のプレゼントでクレマチスを贈った間近、見事に満開に咲きそろうクレマチスの写メールアドレスが送られてきました。そのあまりの美しさに惹かれてしまいました。そこで最高代表的な型式の「ドクターラッペル」といった「HFヤング」という2型式を購入しました。開花株だったので、暫ししたら最高花は終わってしまいました。先々丸々大きな鉢植えに植え替えましたが、枯れ枝もののつるがぐるぐる巻きになっていたので、それを折らないように解きほぐすのがはたして壁やり直しでした。ようやく新しい支柱に絡めていきました。クレマチスは肥料をたしなむ植物なので、液肥を2週間に1都度くらいの間隔で施します。そうして新しく伸びてきたつるをこまめに誘引します。植え替えたのが1か月なかばほど先刻でしたが、現時点またつぼみが根こそぎついて2番花の開花の季節になりました。四季咲き性らしいので、どうにか繰り返し開花できるので何度も楽しむことができてうれしいです。カードローン 審査

映画『思秋期』手ぬぐい評:いたいたしい現実の中にある救い

これは、いたいたしい現況を、それからまぶたを背けたりごまかしたりすることなしに専ら描いた作です。こうしたフィルムというと、去年拝観したナタリー・ポートマン主演「水曜日のエミリア」を思い出す。そちらは何となく救いがないまま終わってしまい、拝観によって時間が奪われたようでドッと疲れ、「あぁ今後は純粋にメリットとして遊べる作しか見るまい」と思わせられた。

しかし一方ガイドブック作品では、キャラクターの生傷の痛々しさをにらめっこしながらも、こうした故障を有するパーソン同士のスキンシップによって自然とお互いの故障が癒されて行くのだともらいさせられ、一筋の光を見、救われた一筋になった。

ジョセフの親友の幼児の「父の暮らしだから仕方ないわ。誰にも助けられないの。」という口上、住まいに逃げてきたハンナにジョセフがいう「自身も自分の結果精一杯です。他人とは暮らせない。あんたを助けられない」という(ような)口上。自分にはこういう二つがリンクしてなぜか匂いに在る。しかし、ただ放り出すだけでなく、「その人の暮らしのいざこざは究極にはその人しか勝利できない。それはその通り。それでも、もらえる部分では支えあって行こうよ。」という言及をこういう作から得た気がする。ミュゼ 100円