映画『思秋期』手ぬぐい評:いたいたしい現実の中にある救い

これは、いたいたしい現況を、それからまぶたを背けたりごまかしたりすることなしに専ら描いた作です。こうしたフィルムというと、去年拝観したナタリー・ポートマン主演「水曜日のエミリア」を思い出す。そちらは何となく救いがないまま終わってしまい、拝観によって時間が奪われたようでドッと疲れ、「あぁ今後は純粋にメリットとして遊べる作しか見るまい」と思わせられた。

しかし一方ガイドブック作品では、キャラクターの生傷の痛々しさをにらめっこしながらも、こうした故障を有するパーソン同士のスキンシップによって自然とお互いの故障が癒されて行くのだともらいさせられ、一筋の光を見、救われた一筋になった。

ジョセフの親友の幼児の「父の暮らしだから仕方ないわ。誰にも助けられないの。」という口上、住まいに逃げてきたハンナにジョセフがいう「自身も自分の結果精一杯です。他人とは暮らせない。あんたを助けられない」という(ような)口上。自分にはこういう二つがリンクしてなぜか匂いに在る。しかし、ただ放り出すだけでなく、「その人の暮らしのいざこざは究極にはその人しか勝利できない。それはその通り。それでも、もらえる部分では支えあって行こうよ。」という言及をこういう作から得た気がする。ミュゼ 100円