大好きなビジュアルファンブックの想い出

長女のゼロ年齢の年齢に、それぞれから画集のプレゼントをいただきました。「ゼロ年齢の年齢、ライブだから」という一言を添えて。その一言が素敵で、そうして本当に嬉しかったのを覚えています。
団体の後輩の子どもが、6月19お日様にゼロ年齢の年齢を迎えます。いただいた画集のことを思い出して、私も画集をプレゼントしようかと思いました。長女と相談して、『もこもこもこ』(谷川俊太郎作品)をプレゼントすることにして、難なく買ってきました。
『もこもこもこ』は私も長女も大のお気に入りの誌で、耳に残るシンプルな音って、その音にマッチングした絵空事をかきたてるような図表がめっぽういえません。ほっこらしている。長女が小さい時には、何度も読み聞かせ、それとなく、逆に長女に読んでもらっていました。座右の銘は読めないはずなのに、暗記してしまったのですね。あの位の長女は、そういった意味不明な誌を見て、如何なる国を想像していたのでしょうか。
こうした思い出深い『もこもこもこ』を本棚から探そうとしても見つかりません。長女に「『もこもこもこ』はもって無いよ」と仰るまで、てっきり住居におけるものだと思い込んでいました。そんなふうに!書屋から何回も借りてきたんだっけ!
ついつい、手元に置いて置きたくなりました。後日、書店に行ったら、うちの食い分も買っちゃおうかな!エマルジョンリムーバー口コミ