フィルム『間一髪のレディースたち』講評:救いがないようです、最後に少し強烈の掛かるフィルム

こういう映画は、三夫人が長女と妹を強く憎んでいる確立から始まります。15階層さっき、親亡き後、当時依然高校のわたくしを置いて出て行き、今の今まで一度も帰ってこなかったからだ。三夫人が心を噴出させ、それに長女が戦いし、妹がどっか冷静にその具合を眺めている挿し絵は、救いの薄い状況を丸々突きつけられているようで痛々しいです。

しかし、講話がすすむにつれ、三ヒューマンとも他に出向く目論見も無く、お家に「立ち返るべくして戻ってきた」ということがわかります。それぞれが、それぞれの手詰まり、赴き辛さを胸に秘めて生きているのです。

映画の大詰めで、それまでますます強がっていた三夫人が、心、叫びながら、自分の弱々しいパーツを吐き出します。そして、自分のツイートを無視して踊り積み重ねる長女につかみかかりますが、原則抱きついて泣くようなパターンになり、そこに、具合を眺めていた妹も体調を繰り返します。

表面上は憎み合っていても、結局は兄弟、身内。三夫人が再三発する「まぁ、何とかなるか」というフレーズ。大詰めで妹がいきなり轟かせる「また先を前向きに生きていくぞ!」という趣旨の確信。他に寄り縋るものが尽きても、兄弟3ヒューマンで寄り添って力強く生きていくのです。

最後にチラホラ救われ、バイタリティをくれる映画でした。高反発マットレス おすすめ